Toggle

らぽーむママのつぶやき

東北・関東から一週間がたちました。

日本中が震撼した津波の第一報から一週間が過ぎました。個人的なことを言えば私の身内も知り合いもほとんど関東以北でテレビを見て取り肌が立ちました。電話を入れてもつながらず、不安の募る初日でした。

昨日レインボーが支援しておりますNPO法人・「めだかのがっこう」の理事長であります中村陽子さんから次のようなメールが入っておりました。中村さんも東京の御茶ノ水で私の料理の師である若杉友子さんから教わった食養の知識をもとに農家支援のための「おむすび茶屋」で自給自足の考えを根底においてお店を出しておられます。

「メダカのがっこう」では東北方面の農家も支援しており、幸い知り合いに怪我がなかったとはいえ、実際停電や余震など、無事なところであっても仕事にもならず、逼迫した状況のようです。そのメールには若杉さんが放射能汚染に対して食で事態を乗り切る方法がかかれています。食養の創始者である桜沢如一先生戦後原爆の被爆者を何人も救っておられます。皆様も是非参考にしてみてください。

>  こんにちは、メダカのがっこうです。          
>  今回は、理事長中村陽子よりお届けします。        
>  メダカのがっこう関係者のみなさまへ          
>                
>  11日の大地震、皆様のお家、ご家族、ご実家、ご友人など、ご無事でしたか?  
>  東北地方から関東地方まで、日本の半分を襲った大地震。      
>  怖くて、自然の脅威に震え上がりました。          
>                
>  原発の安全性は、見事に崩れましたね。今、命がけで行われている原発事故の  
>  終息作業が成功裡に終ることを祈っています。        
>  そして、二度と原発に頼らない暮らし方に変えようと心に決めました。    
>  計画停電をチャンスに、電力消費がどれくらい減らせるものか、      
>  みんなでチャレンジしましょう。            
>                
>  さて、メダカのがっこうの自給自足生活の師匠であり、        
>  日本人の身体を立て直す食事を指導してくださっている若杉ばあちゃんから    
>  放射能汚染を乗り切る食生活のアドバイスを頂きましたので、お伝えします。    
>                
>    ≪塩気について≫            
>   「塩気を入れなさいよ。一番いい塩気は“味噌汁”。        
>    薬味味噌とか味噌だけでもいいからね。」        
>                
>    ≪梅干について≫            
>   「水の毒・食の毒・血の毒という三毒を消すといわれている“梅干”は    
>      必ず食べてね」              
>                
>    ≪食べてはいけないもの≫            
>   「何しろ血液を薄くしないために、水を多く摂らないで。また身体を    
>      陰性する、甘いもの、果物、生野菜は絶対に摂らないようにしてね」    
>                
>    ≪お茶について≫            
>   「緑茶はやめてね。“三年番茶”か“梅醤番茶”がいいよ。      
>     “黒焼き玄米茶”は最高だけど、この際煮出すのはもったいないから、    
>     そのまま食べるか粉にして食べるといいよ。」        
>                
>    ※梅醤番茶は、梅干しと生姜の絞り汁(1~2滴)と醤油を湯飲みに    
>     入れて崩してよく混ぜ、そこに三年番茶を注ぎます。      
>                
>     ≪お米について≫              
>   「“お米は玄米”にしなさい。いつもは玄米にこだわらなくても良いと    
>    言ってるけどこういう時は玄米がいいのよ。焼き玄米おにぎりは最高だよ。」  
>                
>     ≪調理の仕方について≫            
>   「煮物は、酒やみりんを使わず、醤油と水だけで昆布だしで作るといいよ。」    
>                
>     ≪海藻について≫            
>   「今までに採って乾燥している昆布・ワカメ・ひじきは大丈夫だから食べてね。  
>    今後、放射能汚染の海で育った昆布や海藻は食べられなくなるから気をつけて」  
>                
>     ≪食事の形について≫            
>   「余計なものを食べんと、一汁一菜がいいのよ。たとえば、玄米ご飯と    
>    季節の野菜か野草が入った味噌汁と梅干、たくあん、漬物とかで充分ね。」  
                 
>     ≪放射能の毒を消すものについて≫          
>   「とにかく黒焼きを身体に入れなさい。“梅干の黒焼き”は最高。      
>    “黒焼き玄米茶”いいし昆布も、ビワの葉、松葉、クワの葉、つくし、    
>    野草など、何でも干してから黒焼きにしてね。」        
>  【補足説明】黒焼きのつくり方について          
>   ●梅干の黒焼き              
>    土鍋の中央から右回りにぎっしり3年以上の塩分25%~30%の梅干を    
>    一皮並べに並べます。            
>    重ねると黒焼きにならないので注意。          
>    蓋をして周りと蓋の空気穴に小麦粉を水で練ったもので目張りをして    
>    24時間焼きます。練炭七輪が便利です。        
>    出来たら熱いうちに蓋を取ると燃えてしまうので、冷めてから取り出し、    
>    すり鉢に入れ潰して種を取り、右回りにすりつぶして粉にします。    
>    種は捨てないでしゃぶっています。          
>    摂取の仕方ですが、健康な人は、1日に耳かき1杯で良いのですが、    
>    非常時には小さじ1杯ほどとってもいいです。        
>    胃を荒らさないよう葛粉を溶かして一緒に摂ると安全です。      
>                   
>   ●黒焼き玄米              
>    理想は籾つき玄米ですが、手に入らなかったら玄米でもいいです。    
>    これをヘラでかき回せる程度の量を土鍋に入れて、火にかけます。    
>    はじめはお米を乾燥させるつもりで弱火で、茶色になってきたら中火にして、  
>     最後は真っ黒になるまで強火で炒りあげます。        
>    もうもうと煙が上がり、鍋に焦げつきそうになるのをヘラで剥すのに    
>    かなり力が要ります。            
>    最後は火からおろしてカラカラになるまで混ぜ続けます。      
>   ●その他              
>     他の黒焼きは、土鍋にこだわらなくても、鉄のフライパンでも作れます。    
>     の代わり空気を入れないように、しっかりと蓋をして弱火で焼きます。    
>     (何とか加工のフライパンは使わないで)        
>                
>  メダカのがっこうでは今日から梅干の黒焼き、焼き始めました。      
>  もみ付き黒焼き玄米も、茂木の仲澤農場の作り始めたので、もうすぐHPのショップで  
>  売れると思います。            
>  でも自分で作れる方は自分で作って下さいね。        
>                
>  若杉ばあちゃんからは以上です。          
>                
>  食の力がわかるときです。みんなでがんばりましょう!      
>                
> ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋  
>   発行:NPO法人メダカのがっこう           
>   〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町5-11-2        
>      Tel: 0422-70-6647 Fax: 0422-70-6648        
>     ホームページ:http://www.npomedaka.net         
> □   E-mail:npomedaka@yahoo.co.jp          
> □□  発行担当:田中知美            
> □□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋  

、梅干の黒焼・玄米の黒焼きに関しては来月4/17(日)・18(月)に料理教室をする予定ですがそのときにこの作り方もメニューに入れようと思っています。詳しくは企画がきちんとたち次第、皆様にお知らせしますが、このメールにそった食の知恵を盛り込んだものにしたいと思っています。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top