Toggle

らぽーむママのつぶやき

田の草フォーラムレポート

田の草フォーラムってご存知ですか?

私の親友であります中村陽子さんが主催しているNPO法人「メダカのがっこう」が農薬を使わないで田の草で苦労されている農家の方々の為に、2年に1度開催して来た田の草の研究会で今年で5回目になります。(伊豆の修善寺で1月28,29日に開催されました。)

メダカ農家の方々、メダカの会員さんだけでなく農法や団体の垣根を越えた

楽しく熱気にあふれたフ ォ ーラムでした。

[1日目・田の草成果研修]

田の草は農薬を使わない農家にとっては大変な作業で、日々の実践の積重ね、除草のタイミングや草を味方にする技など、地質や気候、草の種類などの条件の違いから一軒々の農家が工夫される姿勢には心打たれるものが有りました。

その除草方法も実にユニークで、メダカ農家の人が発案改良を重ねた竹掃木をバラして棒にとりつけて手で引く竹掃木除草、これを改良して昔の田植機に取り付けたもの、田植機にチェーンを取り付けたもの、代かきを3回して米糠を撒いて有機酸を発生させて除草方法もする技など方法。草の性質を利用した除草など、一人一人が自分の田んぼに合わせた創意工夫を凝らす姿に、農家の方々の熱思いが伝わって来る研究会でした。takebouki

[2日目・環境・農業・健康について第一線の研究者からの急告]

メダカの学校では田んぼをいのちの視点から評価するために、いのちの種類と量とを数えよう、という「田んぼのいきもの調査」を2003年から続けています。今回まず最初はその調査隊の生き物係からの報告でした。

メダカの農家が行っている冬期湛水・不耕起田では、田んぼがひとつの生態系を築き、絶滅品種が数多く戻ってきてくれています。今回は、田の草と生き物達のかかわりの話でしたが、こういった講演を聞きながら、日本の田んぼが、無農薬農家の人達が単なる米作りではない、人にとって、命にとって、かけがえのない働きを担っている事を改めて強く認識しました。

今、一番の絶滅品種は農家だという声も上っています。国は、それに追い打ちをかけるTPP参加に向おうとしています。 私達は毎日食べているお米が作られている環境やそれに携わっている人々にもっと目を向けるべきではないでしょうか?

tanokusa-kensyu2次は 歯科医院長  中里博泰先生のお話しで、日本小児歯科学会が行った調査で、今、永久歯が生えない子供達が急増しており、その原因の一つに農薬・除草剤があるというお話でした。

今や永久歯欠損者数は10人に1人というのです。これは、アトピーや喘息の子供数がここ10年で2倍となっているということと共にかなりショッキングなことです。

次は(財)自然農法国際研究センター 研究部の方のお話で「稲がやる気を出し丶雑草がやる気を出さない除草」という草の性質を利用した除草の話でした。

この他生きもの調査の指導者である岩渕成紀先生が次のようなインディアンの言葉を教えて下さったのが印象的でした。
木は空に語り、空は海に語り、、海は岩に語り、岩は風に語り、風は人に語る

機械や人の手や肥料などの資材が極力入らない濃法が、土の微生物を多様にして活性化させて豊かな土壌を作るというお話でした。

最後に、多くの無農薬農家の指導者で「民間稲作研究所」の稲葉光國先生のお話でこれも又心に深く刻まれたお話でした。一つはネオニユチノイドという恐い農薬の話で、この農薬の出荷量と知的障害児の推移が同じだというのです。知的障害児の発症率が、何と同世代の0.8%だと言うのです。

次に稲葉先生が話された有機農業による放射能除染事業の話も非常に興味深いものでした。tanokusa-kensyu

震災後の土壌検査の結果、に相関関係がないことが判明!

土壌が汚染されても1000Bg/Kg以下のたんぼであれば玄米には移行せず、検出されないことがわかったのです。日本の有機田んぼの粘土質の土壌がセシウム始め各種のミネラルを吸着保持する能力が高いのを示す好期になったというのです。又、野菜でも同様に大半の野菜から検出無しという結果が出ています。

私は、この話から、日本人が積上げてきた生活がこの土を作り、愚かな私達子孫が大地を汚しても、汚染されない食べものを育ててくれる優れた土壌を残してくれた事を深く受け止めなければならないと思いました。

私達現代人が子孫が危機に合った時、救いの手を差し伸べるようななにかを残せるでしょうか?

否!!今私達が残そうとしているものは放射性廃棄物というとんでもない負の遺産です。

少なくともこれほど危検な物を声を上げて知せていた人達がいたにもかかわらず、放置してきたのは自分自身と言えます。

改めて今自分にできるどんな些細なことでもしなければとこのブログを書ぃています。

最後に質疑応答の時、福島のメダカ農家の方から「米や野菜からは放射能が検出されなかったんだけどもお、買ってもらえねえんだ。どおすたらわがってもらえるベ。」この言葉が矢のようにグサリと胸に突き刺さりました。この方の田んぼは白鳥の田んぼと言われ、毎年何十羽もの白鳥が渡来する素晴しい田んぼなのです。

「メダカの学校」では、こういった農家さんのお米をメダカの学校支援室という所で売っています。詳しくはNp0法人メダカの学校のホームページで御覧下さい。

http://www.npomedaka.net/

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top