Toggle

らぽーむママのつぶやき

スズメバチに刺された

スズメバチに刺された

先日、昼頃らぽーむ農園の山際近くの畑で草取りをしていて、頭にガツンと何かが当りました。スズメバチでした。
とっさに剌された!と思い、ゆっくり後ずさりして、そのまま家へと走りましたが、その間も頭に激痛が走るように広がっていきます。
家に入るとすぐに、スプーンに山盛り一杯の梅干しの黒焼きを水でガバッと飲み、ヘビイチゴのエキスをティッシュを重ねてタップリかけて剌された所を湿布しました。
その間にも恐しい程の痛みはドンドン強くなって広がっていきます。
湿布を頻繁に取り替えても、痛みは激しくなる一方でしたので黒焼きをもう一杯飲みました。
とにかく経験したこともない痛みが夕方まで続きました。
このまま痛みが治まらなかったら病院行きだと思っているうちに痛みが和らいできて、包帯で湿布を押え眠ることも出来ました。

翌朝になっても頭は腫れることもなく、痛みもほとんど消えていましたので宝塚にある自宅へ帰ることにしました。
電車に乗るため、包帯がまるで大けがでもしたかの様でしたので、はずしていったのですが、しばらくすると頭皮が少し痛みだしただけでなく、まぶたが腫れ始めたではありませんか。
それも蜂に刺された所ではなく、額の髪の生えぎわや耳の後ろがやたら痒いのです。
始めの内はスズメバチの毒の残りの症状かと思っていましたが、家に着き鏡を見てみると、痒い所が赤い湿疹のように10ケ程並んでいました。
「ブヨだ!」
スズメバチに刺された痛みがあまりに強く、ブヨにも刺されていたことに気が付かなかったのです。

黒焼きは飲んでいたもののブヨに刺された手当ては全くしていませんでした。そのため、昼頃にはすっかりお岩さん状態です。
スズメバチの毒と戦ってくれていた黒焼きもブヨにまで気を配ってはくれなかったようです。
3日間位人前に出ることができませんでした。
ブヨに刺された所もヘビイチゴ湿布していたら・・・

田舎生活に慣れ、11月になり寒くなってきたから大丈夫と用心を怠った結果です。

それにしても梅干の黒焼きとヘビイチゴのエキスに感謝!
こんな使い方もあるのでご参考に。

らぽーむママ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top