Toggle

健康レシピ紹介

蒸し野菜・玉ねぎマヨ

★寒いときには蒸し野菜サラダを!

生野菜は血を冷やし、体を冷やします。肉食などをしている人は極陽の肉を食べるため生野菜を食べますが、玄米食やベジタリアン、食養をしている方、冷え性の人は冬場は生野菜は避けましょう。
風邪を引きやすくなったり、免疫力が落ちてしまいます。
まして冬にキュウリやトマト、レタスなど夏野菜はなおのことです。ジャガイモも体を冷やし、ナス科のものですので毒性を持ち、体力の衰えている人にはお勧めできません。そんな人は蒸し野菜のサラダを食べましょう。
今回はマヨネーズを玉ねぎで作ります。

【材料】
玉ねぎマヨ
玉ねぎ 200g
サラダ油 炒めた玉葱と同量
里芋(山芋) 50~70g
リンゴシロップ
(すりリンゴ又は
ジュースでも可)
適量
コショウ 少々
全体量の1.5~2%
全体量の15~20%
蒸し野菜(冬は根菜類中心が良い)
ニンジン
レンコン
キャベツ
小松菜など


【作り方】

{玉葱マヨ}
①玉葱はみじん切りにして10分ほど寝かし(玉葱は切って空気に触れさせておくと甘みが増す。切った玉葱を1時間ほど天日に当てるとなお良い)フライパンに油を引き、狐色になるまでしっかり炒める。

②里芋(山芋)はひとしお振って土鍋で軟らかくなるまで蒸し①と合わせてリンゴシロップ・塩・酢・コショーを入れてミキサーかフードプロセッサーでクリーム状にし、最後にもう一度好みの味に整える。

{蒸し野菜}
①野菜はそれぞれ食べやすいような大きさに切り、塩を振って硬いものを下に土鍋で重ね蒸しをして、キャベツや菜物など早く蒸せるものから先に上げてちょうど良い硬さに蒸していく

蒸し野菜を盛り付け、玉葱マヨを添えて出来上がり。蒸し野菜玉葱マヨ

土鍋で蒸した野菜は甘く、塩だけでも食べられますが、しっかり炒めて作った玉葱マヨは、子供でも喜んで食べられるおいしいものです。瓶に入れて冷蔵庫で保存すれば一月くらいは持ちます。
卵アレルギーの方にもおいしくいただけるメニューです。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top