Toggle

健康レシピ紹介

今月のお勧めレシピ:玄米リゾット

genmairizotto-makomo

気候が不安定で風邪を引きやすいこの時期、体を温めて、消化もしやすく調理した玄米でリゾットを作りましょう。この時期取れる野草も入れると、一層元気が増します。一手間かけて炊いたキビを揚げてチーズの代わりにトッピングします。玄米が苦手な人にも、病気で体が弱った人にも香ばしい香りと柔らかなリゾットは食欲をそそります。あまった炊きキビは冷凍しておくといろいろな料理に応用できます。

【材料】
玄米  1合
モチキビ   1/2合
ニンジン    1/2本
干し椎茸    2本
玉葱 1個
野草(ヨメナ・ハコベなど)  少々
ホールコーン  小1/2缶
菜種油 適量
野菜のおかげ(野菜コンソメ)2袋
塩・コショウ  少々

【下処理】
玄米:  濡れ布巾で揉むように拭く
モチキビ:  しっかり洗って土鍋に入れ、一晩1.2倍の水につける
ニンジン:  みじん切り
干椎茸:  水2~3カップを加えて土鍋で火に掛け、だしをとってからみじん切りにする。
(椎茸は水で戻さず直接土鍋を火にかけた中に入れてだしをとると、椎茸独特の生臭さがなく、おいしいだしを取れ、椎茸もしっかりした歯ごたえのあるものになる)
玉葱:  みじん切り
野草(ヨメナ・ハコベなど) :アク抜き;塩茹で・水さらし10分・醤油洗い(醤油1:水3くらいの割り下醤油)醤油洗いした汁は捨てて、野草を良く絞ってみじん切り

【作り方】
①一晩水に浸けたモチキビは土鍋で、途中様子を見ながら2~3回かき混ぜて焦げないように炊き、水が減って鍋の底が見えるようになったら15分蒸す。

②炊いたモチキビに野菜のおかげ(野菜コンソメ)を1/2袋入れて塩で味を整え、手でちぎりながら油で揚げる。(モチキビは少し苦味を持ちチーズの代わりに使える)

③綺麗にした玄米をフライパンで弱火の中火で狐色に煎り、これを土鍋に入れて干し椎茸のだしで炊く

④玉葱・ニンジン・干し椎茸を塩ひとつまみ入れて少しの油で炒め、③の玄米が炊けてきてポップコーンのようにはじけてきたら炒めた具を入れ、野菜のおかげ・塩・コショウで味を調え、コトコト炊き上げアク抜きした野草と揚げたモチキビをトッピングして出来上がり

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top