Toggle

お知らせ

メダカの学校種子法勉強会から⓵

今、日本の食の安全の根底を脅かす「種子法廃止」法案が通ってしまい、その勉強会がメダカの学校主催により、議員会館で行われました。そのまとめを理事長の中村陽子さんがしていますのでここに掲載します。
子供たちの今、未来がズタボロにされています。とても重要なことですので、少々難しい点もあるかとは思いますが是非お読みください。
高草洋子

   ***********************************************
種子法廃止が可決されてから、種子法の勉強を始めましたが、私たちがお付き合いしている自然栽培や有機栽培で、自家採種している農家は、農政の枠外だと感じました。
自家採種すると品種が変化するので市場に出せないし、検査や価格で冷遇され、農薬・化学肥料を買わない自然栽培や有機栽培の農家は、今でも変人扱いです。
そこで、在来種・固定種を自家採種している自然栽培や有機栽培をしている農家と、それを求めている消費者のための種子法学習会が必要だと考えました。
今回、種子の購入についてや種子法廃止後の種子の入手方法について、アンケートをとってみると、支障のある農家はほとんどいませんでした。この方たちは、自力で日本の種子を守って来たのだと思いました。しかし、自分が困る困らないではなく、日本のことが心配だと集まってくれました。心配なのは以下のようなことです。

【種子法がなくなって心配なこと】
1)国から義務付けられて各都道府県が守って来た品種は、今後誰が守るのか
2)その種子情報や品種を守る技術や研究者や施設を民間に譲ってしまって大丈夫なのか?
3)「銘柄集約」(品種の多様性を減らす)すると気候変動や病虫害にやられてしまうのではないか?(農業競争力強化支援法案)
4)日本の地域ごとの気候風土にあった少量多品種は、国でないと守れないのではないでしょうか

【種子法廃止で日本でも遺伝子組み換えの作物がつくれるようになる】
それから突然に聞こえるかもしれませんが、今回、私たちが直接悪影響を受けるのは、遺伝子組み換え作物との交雑だと思います。実は、種子法廃止で、日本での遺伝子組み換え農作物の栽培準備が完了したことを、最近やっと知りました。添付資料の“カルタヘナ法に基づき一種使用規程を承認した遺伝子組み換え農作物一覧”を見ると、2005年から2017年5月まで着々と研究開発され日本での栽培を承認されたコメ24品種、ダイズ50品種、セイヨウナタネ19品種、うちダイズ29品種とセイヨウナタネ16品種は一般の農地でのが許されています。
そして今年、遺伝子組み換え作物とセット販売されているグリホサートという除草剤の残留基準が大幅に緩和されます。0.1ppm、0.2ppmのレベルから30ppmや40ppmのレベルになりました。最高400倍である。これで日本の種子を守っていた種子法を廃止すれば、遺伝子組み換え作物の栽培準備が完了したことになります。
壮大なシナリオがあるらしいし、まだ続きがあると思うと、こちらも目を覚まして、覚悟しなければなりません。

【日本国内で遺伝子組み換え作物を作ってほしくない理由】
私たちは、日本の自然環境と種子と日本人の健康を守るために、遺伝子組み換え作物の日本国内での栽培を禁止してほしいと思っています。理由は3つ。
1)遺伝子組み換えは、田畑から日本の自然を破壊するからです。除草剤耐性を持つ作物の栽培には、除草剤が多投されます。また、殺虫性を持った品種は、それ自体が殺虫剤。草も虫もいない日本になります。こんな日本を次世代に残すのは絶対に嫌です。

2)花粉は数キロ飛ぶので、日本の種子が交雑により汚染されるからです。日本の自然と人々の健康を守りたい農家が、意図しないのに、生態系を破壊し人を病気にする作物を作ってしまうことになるからです。

3)遺伝子組み換えの食品(GMO)は健康に悪いからです。GM作物の残留農薬量は桁外れです。除草剤耐性だけでなく殺虫性を持ったGMOを食べ続けることで起こる健康被害は、遺伝子組み換えの本場ではたくさん報告されています。
アメリカでは子どもたちの不調の原因に気付いた母親が立ち上がり、GMOは相手にされなくなりました。EUでも全原料のGM表示により排除されています。ロシアやイスラム圏では禁止ですから遺伝子組み換え企業は衰退の一途です。その証拠に吸収合併が繰り返されています。
もはや、GM企業は日本とアジアしか行き場がないのです。世界で一番GMOを輸入し、食が狂い過ぎていて、子孫のことまで頭が回らないボーっとしている日本人がターゲットです。でも多くの日本人が目覚めれば、状況は変わります。種子法廃止で“タネがあぶない”と命の危険を感じるだけの感性をまだ持っている人たちは、目覚めます。

ある自然食レストランのシェフの言葉ですが、
「日本がすべて自然栽培や有機栽培になったら、日本はすべて自然食レストランになり、世界最大の癒しのリゾート国になる。」日本の空港に降りた瞬間から、清浄な水と空気と土と、緑に覆われた大地と、命溢れる食で、日本を訪れた人たちが、心も身体も元気になれる国にするのです。
同じ壮大なシナリオを持つなら、私たちは、こちらに向かって、諦めずに歩みを進めましょう!

【種子法がやっていたこと(国が各都道府県に義務付けていたこと)】
★都道府県による原原種・原種の生産等(第7条)
★都道府県による種子生産圃場の指定(第3条)と圃場診査/生産物診査(第4条)と助言及び指導(第6条)
★都道府県による奨励品種を決定するための試験(第8条)
それ以前の品種開発は、種子法とは直接関係なく、●国の研究機関 ●各都道府県の農業試験場など●民間企業 などが行っている。

言葉の意味の確認
★F…品種の集団の自家受粉を繰り返し純度を高めた異なる特性を持つ2種を親にして、交配によって作られた新品種の一代目、
流通している野菜や花の種の多くはF1
一般に他殖性(自ら自家受粉を避ける性質を持つ)の作物において、遺伝的に離れた系統を親として雑種強勢を利用することが多いその結果、多収性・対病害虫性・均質性が得られる。
F1の問題点 原則として一代限り。次の世代の種子生産を行うと、形質がバラバラになってしまう。(種子が採れないわけではない)

★固定種…一般に、放任受粉で集団として品種としての特性が後代に伝えられていく。農家が自分の環境に適応した形で維持できるある程度の多様性を内在。

★在来種…それぞれの地域にあった品種で、固定種だけでなく、F1のものも多い。
在来種のF1は、農業試験場・大学・地域の農家が協力するか、農業法人が作ったりしている。一般に、稲・麦は自殖(自家受粉)のためF1品種の利用は少ない。(例外:みつひかり、飼料米)

★原原種…開発された新品種の種子(少量)を原原種圃に播いて生産したもの

★原種…原原種を原種圃に播いて生産したもの

★一般種子…都道府県が生産した原種を使用して、種子生産圃場に指定された農業生産団体などで、都道府県の審査、助言、指導のもとに生産されたもの。種子生産圃場には、直接公費の投入はない。

★雄性不稔
F1種を作るには、以前は雄蕊を人の手を取り、掛け合わせたい品種の花粉をつけていたが、それでは人手がかかるのと、タイミングが間に合わないので、初めから雄性不稔=雄蕊に花粉が付かないものを作る技術を開発した。普通、野生植物の遺伝子には、花粉を作らせないミトコンドリアとその働きを抑える核が存在するので、雄性不稔にはならないが、栽培種の中には花粉を作らせないミトコンドリアとその働きを抑える働きがない核を持つものがあり、その掛け合わせで、雄性不稔を作れるようになった。これにより、F1種を作ることが容易になった。

 

 

 

 

 

 

 

 
《種子法廃止法案の付帯決議について》
★都道府県の取り組みの財源となる地方交付税を確保し、予算を差配する都道府県の財政部局も含めて周知徹底に努めるよう要請。
★都道府県の育種素材を民間に提供するなど連携の際は種子の国外流出を防ぐ。
★外資を念頭に「特定の事業者」が種子を独占し弊害が生じないよう努める。
★品質が確保されるよう種苗法に基づき、基準を定め運用する。
※種苗法については、別紙資料参照

《農家に事前にしたアンケート結果報告》 14軒の農家から回答を頂きました。
1.栽培している主要農産物は?
米は 全員14/14     麦は5軒 5/14.     大豆は10軒 10/14

2.過去5年間に購入した種子と1あたりの価格
 米  自家採種が基本 8軒、
毎年購入 5軒500円~3000円(古代米)
原種を購入 1軒
麦  自家採種が基本 3軒 3/5
必要なときに購入 2軒 2/5 600円
大豆 自家採種が基本 8軒 8/1
新しく作る品種を購入 5軒 5/10 500円~650円

 3.種子の購入場所
 原原種管理をしている民間企業、  富山JA、   民間稲作研究所、  地元のJA
自然農法仲間から  友人から   ノウケン  種苗法に基づく種苗登録者  県の種子協会   農民連

 4.種子法廃止で県産の種子が得なくなったらどうするか?
自家採種が基本なので特に支障はない  8軒
県産種子を購入していないので支障はない  3軒
自家採種をがんばる  1軒
自分のルートから購入する  2軒
必要時には富山県から購入する    3軒
民間の種子屋から購入する   3軒
自分の県は今まで通りだろうから心配していない  4軒(新潟、宮城)

5.GM(遺伝子組み換え作物)の栽培が始まったら交雑の回避をどうするか?
交雑は回避できないのGMの栽培を禁止してほしい  6軒
すでに輸入種子がこぼれて野生化し、除草剤で枯れない大豆が出現している   1軒
自分の地域は遺伝子組み換えが入ってくる心配はない   5軒 (宮城、富山、新潟)
戦うのは嫌なので逃げる。     1軒
まだ考えたことがない。      1軒

   ***********************************************

勉強会での内容はもっとお伝えしたいのですがとても長文になりますので、何回かに分けてお伝えしようと思います。

次回は
《篠原孝氏のお話意》
篠原氏:民進党所属の衆議院議員(5期農林水産副大臣菅内閣菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣)、民主党国会対策副委員長、民主党副幹事長等を務めた。
です。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top