Toggle

新着情報

土筆ご飯(吸収の良いカルシュウムたっぷりで美味しさ抜群)

土筆が旬の季節になりました。暖かい所ではもう終わっているかもしれませんね。土筆はたくさん取れたら干し土筆にして保存しましょう。土筆は植物の中で一番カルシュウムを多く含み、ゲルマニュウムという摂取しにくい元素も含んでいる優れ野草です。

生で佃煮や炒め物もおいしいですが、これを蒸し器で3分蒸したものをカラカラに干すととても便利で美味しい乾物になります。それに生の土筆の袴を取るのは大変な手間ですが、干し土筆にしてから袴を取るのは生よりずっと楽です。今日はその干し土筆を使った土筆ご飯を紹介します。干し土筆はそのまま食べるとスルメのような味がします。これを炊き込みご飯にすると、とても良いだしが出て香ばしい干し土筆の香りが食欲をそそります。

【材料】                                                    ●米   3合
●干し土筆10g~15g
●干し椎茸   3~4枚
●油揚げ  1枚
●紅生姜  適量
●薄口醤油   (米汁がお澄ましの味になる程度)
●酒     大匙 2~3

【作り方】

①干し土筆は袴をしごくようにして取っておく。

②椎茸のだしを土鍋でとっておき、米を研ぎ、椎茸のだしを入れ、普通のご飯より少し少なめの水加減にして置く。

③油抜きした油揚げを適当に切ったもの、千切りにした椎茸・適当に刻んだ干し土筆・昆布を入れて、醤油・酒でお澄ましほどの味をつけ、1時間ほど置いてから炊く。

④普通のご飯と同じように蒸しあがったら茶碗に盛り、紅ショウガなどをトッピングして出来上がり。(好みで仕上げにごま油を垂らして混ぜてもおいしい)

なお、干し土筆は今年からwebショップでも売り出す予定です。土筆を取りそびれた方、是非どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top